個展 Phantom Flowers / by katagiri atsunobu

2k.jpg

Phantom Flowers
華道家 片桐功敦 個展

会場:ギャラリー交差611  〒730-0015 広島県広島市中区橋本町6-11 
会期:2017.8.1(火)〜8.14(月)11:00-20:00 
会期中無休 (8月6日は18:30迄)
入場料:500円 

お問い合わせ 082-222-2504 galleryintersection611@gmail.com


ーーーーーーーーーー

ギャラリー交差611では華道家・片桐功敦の展覧会を開催します。片桐は2013年より東日本大震災のよる津波と東京電力福島第一原子力発電所の事故という二重の災害に見舞われた福島県沿岸部に長期滞在し、当時は放射能汚染の影響で無人となってしまった町で、誰に見られることもなく咲く花々をいけて、記録してきました。片桐は放射能汚染という現代人が望んだ文明の発展の末路と、汚された大地でも力強く咲き続ける植物の姿を写真に撮り続ける中で、世界で初めて原子力爆弾による想像を絶する大量被曝を体験した広島の町へ憶いを抱くようになりました。今展覧会では8月6日の原爆投下から時を待たずして咲いたといわれる夾竹桃やカンナの花などの植物にくわえ、今も広島平和記念資料館に展示される住友銀行広島支店入り口の階段に残る人影をモチーフとした、いけばなのインスタレーションを展示いたします。
またギャラリー内カフェエリアでは、2013年から2015年にかけて福島県沿岸部の帰宅困難地域に咲いていた花々を実際にいけて、撮影したいけばな作品の写真群も展示いたします

関連イベント

□蔦屋家電2階 <お問い合わせ> 082-264-6511
•7/30 (日) 15:30 -
ART & TALK vol.3  参加費:1000円
「そこに咲いていく花〜福島第1原発30km圏内に咲く花たちが語ることば〜」

□ギャラリー交差611 <お問い合わせ>082-222-2504
•8/1 (火) 19:00 -
オープニング レセプション 入場料のみ

•8/3 (木) 19:00 - 20:30  
<いけばなワークショップ> 
「祈りのかたち~広島、象徴の花々をいける~」 
参加費:7000円 (花、教材費含む) 
定員:10名 (要予約)

•8/5 (土) 17:00 -
<対談+ライブパフォーマンス> 参加費:1000円(入場料込み)
「原爆ドームのみかたが変わった日~福島からの眼差~」
片桐功敦(華道家) /二上文彦(南相馬市博物館学芸員)/狐火(ラッパー)